おのにち

おのにちはいつかみたにっち

社会

他人の便利にNO!と言いたがる人たち

最近cakesで連載している子ども向けのマインドフルネスの本が面白そうなので買ってみた。まだ途中なのだが『ソフィーの世界』マインドフルネス版みたいで面白い。 cakes.mu 今は子ども向けにこんなメンタル本がある、とたまたま遊びに来た母親に話したところ…

トランプ氏と遠くのこと、近くのこと

アメリカ大統領選、トランプ氏が当確して昨日の職場はざわざわしていた。 我が家でも「うおっ」とは思った(彼の主張はあまりにも荒唐無稽に聞こえるし、差別発言もあった。でも私は彼の政策をよく知らないから何も言えない)。 しかし社長や首長がすげ変わ…

「山をなめるなおじさん」の気持ちを代弁してみた

「日本を滅亡から救うため、登山初心者が槍ヶ岳に登ってきた」という記事のブコメ欄に「山をなめるな」おじさんが湧いていました。 travel.spot-app.jp 記事自体は日本の中心を槍ヶ岳から眺める!というおバカな企画で、なかなか体を張っているし面白かった…

検索狂時代とggrksの呪い、高額療養費の話

先日父が入院した。去年退職し、国民健康保険に加入したばかり。 本当は入院前に限度額認定証というものを取得しておけば医療費の支払いが限度額で抑えられたらしいのだが、急な入院で間に合わなかった。 病院の会計で、領収書を役所の窓口に出せば限度額を…

近鉄奈良線、東花園駅の車掌さんについて考えたこと

今日のお昼休みにこんなツイートを見て、何が起きたんだろうと思いました。 駅員が投げ捨てた物一覧上着、名札、帽子、駅員だけが持てるっぽい感じのカード、シャツ、ネクタイ(多分)以上です。ほんまに何処行ったんだ — 萩悠@文スト二期待機 (@syuyumina_0…

いつまでも恋愛市場にいなきゃだめですか?~『結婚できない2.0 百鳥ユウカの婚活日記』

cakesで連載中の『結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記』というエッセイが面白い。ジャンルはエッセイだけど、百鳥ユウカという女性について、過去に彼女と関わった人たちが語る小説のような形式。語られる言葉ひとつひとつが生々しくて痛い。 cakes.mu c…

あなたの保険料は適切?国保の喪失忘れに気をつけよう

※これは私の町の国保の話です。現行の国保はそれぞれの市区町村で運営されているので、お住まいの場所によって手続きの方法が違います。お気をつけ下さい! 今日は「みんな大丈夫?」と心配になった話を。 私の友人一家は自営業。家族全員が国民健康保険に加…

ドキュメンタリーの持つチカラ~「大アマゾン 最後の秘境」がクソ面白い件

こんにちは〇とりの小野です。青二才さんに褒められて(多分)読者増えた~なんて舞い上がってたら淫乱女社長に白濁液ぶっかけられて目が覚めました。ここはガリンペイロ、うかうかしてたら命を落とすはてな村…!という訳で今日はNHKのドキュメンタリー「大…

「非正規雇用」問題について考えてみた

今日は盛り上がっている非正規雇用問題に参戦。 多分この問題は色んな目線からの意見があった方が全体像が構築しやすくなるのでは、と思ったので自分の身近なことぐらいしか理解出来ていない私もエントリー。 www.yutorism.jp watto.hatenablog.com blog.skk…

なぜベーシックインカムは否決されたのか?スイス国民投票について考えてみた

最近こんなニュースを見ました。 www.asahi.com ベーシックインカムと言う言葉自体は知っていましたが、あくまでも『構想』であり、財源などを考えると実現は不可能なのではないか、と考えていました。 スイスの国民投票は結果としては反対多数で否決されま…

新オレンジプランって何?運動習慣で健康を手に入れよう!

こんにちは、みどりの小野です。暖かい日が続きますが、皆さん運動してますでしょうか。 私は、去年は毎日歩いてました。去年は大変体調も良く、健康だったのです。 しかし私の行く手を阻む雪。春になり、暖かくなってウォーキングを始めようとすると、いつ…

下田美咲から学ぶ恋愛論「下田美咲の口説き方」。

cakesの「下田美咲の口説き方」と言う連載が面白い。著者はタイトル通り下田美咲さん。プロフィール写真ではカラコンが入っていてお人形さんみたい。かわいい。 美咲のためならバリ島へ [Blu-ray] 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2014/08/06 メ…

小原ECOプロジェクトと、限界集落が抱える問題

日本は人口減少時代に突入している。44年後には人口は8670万人になると見込まれ、34年後には6割以上の居住区域において人口が半減すると言われている。 12 人口減少により管理の担い手が減少すると予測される地域 | 生物多様性 -Biodiversity- 環境…

さようなら、風の谷のエロ田

春は出会いと別れの季節です。 私の隣の席に座っていた彼も、異動で去って行きました。 アダ名はエロ田さん。 諸事情あって、田は偽名ですがエロ、は課内通用語でした。 30代細身の既婚メガネ男子、なかなかオシャレだし知的な雰囲気。 しかしエロ。 今日は…

昨日の記事への言及と、ブコメに考えたこと。

昨日書いた記事に、「ネットの海の渚にて」ドボン会会長さまから、言及を頂きました。自分の中に蓄えられたものがあるからこそ書ける言葉だと思いました。深く考えさせられました。 その上でもう一回、自分の考えを書いてみたいと思います。 dobonkai.haten…

はあちゅうさんの言葉と、ブログで反論を書く意味

はあちゅうさんの話題の記事を読んだ。 旅で人生観が変わったという人は薄っぺらい。はあちゅうさん自身は何も変わらなかった。そういうことが書いてあった、と思う。 lineblog.me 旅で人は変わるのか? とても素敵なノンフィクションがある。中村安希さんの…

ブログと信頼できる読者、と言う考え方

きっとあなたは、あの本が好き。連想でつながる読書ガイドと言う本を読んだ。 きっとあなたは、あの本が好き。連想でつながる読書ガイド (立東舎) 作者: 都甲幸治,武田将明,藤井光,藤野可織,朝吹真理子,和田忠彦,石井千湖,阿部賢一,岡和田晃,江南亜美子,今井…

ウサギの檻で死んだ子供と閉じていく家庭の闇

昨日の夜つらいニュースを見た。 3歳の子どもをウサギのゲージに閉じ込めて、殺してしまった両親の話。 私は最初憤った。 大人でさえ数日寝ているだけで足が萎えてしまう。こんな窮屈なオリに何ヵ月も閉じ込められた子供はどれだけ苦しかっただろう。こんな…

国民健康保険は財政破綻?市区町村運営の限界について

銀行で並んでいたら隣の80代くらいの老人に愚痴られた。手には国民健康保険料の納入書。 自分は年金暮らしで後期高齢保険だが、仕事を辞めた孫が国民健康保険に。当人である孫はちっとも家に寄りつかないし、共稼ぎの息子夫婦に払うように言っても「おじい…

出産の危険性と「自然なお産」に隠された罠

この記事を読んで、自分自身の危うかった出産を思い返して青くなりました。 子宮口がなかなか開かない難産、あげく先生にぎゅーぎゅー押されて肋骨が折れる! 子宮口が開かない!難産の果て、先生が力一杯私のお腹を押した…その時、異音が! - 赤すぐnet 妊…

私の町の待機児童問題 #taikijidou0challenge

待機児童ゼロチャレンジ、というバトンがうーとさんから回ってきたので今日は私の住む町の保育所や幼稚園、学童保育の現状について書きます。 「桃色と灰色のしましま」という覚えにくい素敵なブログを運営する、私と同じ田舎暮らしブロガーうーとさん。いつ…

離婚する場合の心構え。女医と浮気は即離婚?

いきなり衝撃的なタイトルですいません。 離婚の予定は今のところありません、我が家は一応円満です。 そこらへん盛り上がらなくて、なんかすまん!(どこに謝っているのだ) 最近身の回りの離婚話が増えてきたもので。 厚生労働省の2015年のデータによ…

両成敗でいいじゃない?ゲスの極み不倫問題について。

ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんとベッキーが不倫をしていた、と騒ぎになっていた。 ニュースになりTwitterでもブログでも叩かれまくっていた。 私は不倫はしたくないし、されたくもない。身近な人が不倫をしていた、という話を聞いたらちょっと距離を置きた…

若者に「専業ブロガーになれ」と語りかけるイケダハヤト氏の無慈悲さについて

まず最初にお断りしておきますが、私はイケダハヤトさんの事をよく知りませんでした。ブログを始めなければ知らなかったであろう名前だと思います。記事も読まずに批判するのは失礼だと思い、改めてブログを読ませていただいたばかりです。関連記事は読み込…

ツイッター文字数拡大問題と寒さの余り短文化する東北言語

米マイクロブログのツイッターが、投稿メッセージの文字数制限を従来の140文字から1万文字まで拡大することを検討している、というニュースを見ました。 www.afpbb.com ツイッターのタイムラインは早くもその話題でざわついています。 でもこれはあくまで…

少子化対策と現代の結婚しない理由。

つい先日職場の旅行に参加しまして。 すごーく楽しかったんですが、帰ってきて周りから掛けられる言葉にちょっぴりもやっと。 私は五歳と十歳の子持ち、夫も入れて四人家族。 週末の旅行は夫と子供たちが家でお留守番でした。 旅行に行ってきましたよ~、と…

専業主婦でも出来る副業!番組モニターがお勧めな理由

こんにちはみどりの小野です。私には子供が二人います。今は会社勤めですが、子供が小さい頃は専業主婦してました。 専業主婦の時悩んだのが自分のおこづかい。 今考えればきちんと『家事育児』と言う仕事をしているのだから、使える範囲でおこづかいを貰っ…

懐かしのホットドッグ・プレス

昨日こんな記事を読んで、好きだった雑誌を思い出した。 www.kokoro-fire.com 今は亡きホットドッグ・プレス。 夏と冬は必ずナンパ特集。ナンパというと恋愛工学を思い出して嫌な気分になる人もいるかも知れない。 しかしこの雑誌にはあまり心配はいらない…

きれいな文字とぴょんぴょんな日々

仕事で毎日郵便物を受け取る。 今はパソコンが主流になってしまったけれど、ごく稀に手書きの宛名、印刷された様式に手書きの文字を書き込んで書類を送ってくる方がいらっしゃる。 郵便でしか付き合いがないので会社名と苗字しか知らない。でも文字を見るだ…

「結婚しないの?」は下種な言葉。

先日職場の飲み会がありまして。 同じ課の若手社員A君が、お昼は毎日が「からあげ弁当」、弁当チェーン各社&オールコンビニ全種コンプリート!を最近成し遂げたんですよね。 もうそのレビュー詳細が聞きたくて聞きたくて(また彼の唐揚げ論が面白いんだな)、…