読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おのにち

おのにちはいつかみたにっち

わが家の居酒屋風ごはん。おすすめレシピ集

スポンサーリンク

人それぞれ、これが我が家の晩ごはん!みたいなこだわりがあるのではないか、と思う。

我が家のこだわりはつまみになるようなメニューを一品でも用意する(冷奴でもいい)、大人は夜は白米を食べない。

結婚した時驚いたのだが、私の旦那は夜は白米を食べない。

旦那は家で夕食を取るときはだいたいビールを飲むのだが(最近は夫婦で休肝日も設けてます)、「ビールは麦だから主食みたいなもんで、ご飯はいらないのだ」という良く分からない説明をされてなるほどなるほど~?と首を捻った。

でもよく考えたら缶ビールは350mlでもご飯一杯分くらいのカロリーがあるので利に適っているのかも、私も食べなければご飯を炊く量も減らせるし、と付き合いで夕食ご飯無し生活を始めたら今やビールを飲まない日でもご飯なしで平気になった。

ただ口寂しいので炭酸水は飲む。
どうやらご飯の代わりにシュワシュワしたものを飲まないと夕飯じゃない、と刷り込まれてしまったらしい。
習慣って怖い。

 

茶色いけれど理想のつまみ系晩ごはん。

 f:id:yutoma233:20160108185630j:image

 

・おすすめつまみ料理本その1

 

 

ひとり家飲み通い呑み

ひとり家飲み通い呑み

 

 

孤独のグルメのクスミンの本。簡単料理で面白い。ただチャーハン&焼酎ロックと言う組み合わせは私の辞書にはない。


大麦畑でつかまえて

 

つまみ系晩ごはん、といっても平日は大したものは作らない。
作り置きの浅漬けと切るだけのサラダ、それに肉か魚のメインが一品、簡単な副菜くらい。
旦那も早く帰った日は晩御飯を作ってくれるのだが揚げ物が多いので私は煮物か焼物を作るようにしている。

子どもたちにはこれにご飯と味噌汁をつける。
子どもたちもご飯の時は飲み物が必要、と刷り込まれてしまったようで、夏でも冬でも年中麦茶を飲んでいる。

保育所の参観日で、子どもの書いた晩ごはんの絵が飾られていたのだが、家族みんな金色の液体を飲んでいて吹いた。
毎晩は飲みませんから先生。あと子どもたちのは麦茶ですからね!

そんな訳で麦消費量が半端ない我が家。
もし麦麦モンスター、みたいなのがいたら真っ先に我が家に報復にやってくるに違いない。
アタックオブキラーバーリィー。ひょろひょろして弱そうだ。やれる。

 

これは6歳児の晩ごはん。これに昨日の残りのカレー。ナポリタンはリクエストで時々作る。

 f:id:yutoma233:20160108192117j:image

 

・おすすめつまみ料理本その2

 

  

もう一軒 おつまみ横丁-さらにおいしい酒の肴185 (池田書店の料理新書シリーズ)

もう一軒 おつまみ横丁-さらにおいしい酒の肴185 (池田書店の料理新書シリーズ)

 

  

 少ない材料、短時間の調理にこだわった呑みながら作れる料理本。
ちくわきゅうりとか、野菜スティックとかそれ料理?ってメニューも多い。
短時間といいながらもつ煮が出てくるのはご愛敬。
工程がシンプルなのでこれで美味しく作れるのは熟練者かな。
なお文庫サイズなので読むつまみにもなる。

 

つまみ系晩ごはんの弊害

  

つまみ系晩ごはんで子供たちにちょっぴり申し訳ないな、と思うのは子供が大好きと言われる「おかあさんやすめ」は余り食卓に登場しない、ということ。

おかあさんやすめ、は諸説あるのですが現代だとこんな感じかな。

お➡オムライス
か➡カレーライス
あ➡アイスクリーム(ごはんじゃない…)
さん➡サンドイッチ
や➡焼きそば
す➡スパゲッティ
め➡目玉焼

 

目玉焼きは朝ごはんによく作るが、カレーライス(カレーは夫婦ともにツマミとして認定中)以外は夕飯時には登場しないメニュー。
昼ご飯ならアリだけど、平日は給食なのでオムライスやチャーハン、麺類は土日のお昼しか作らない。

一番驚いたのが小学生の息子に親子丼を作ったら「初めて食べた!美味しいね」と言われたこと。
鶏肉の卵とじも天ぷらも作るけれど、考えたら丼で出したことが無かった。あの時はさすがに申し訳ないと思った。
それから丼物は時々作るようにしている。大人は具だけ食べればいいし。

他にはビーフンはつまみになるからOKで、お好み焼き、タコ焼きもビールに合うからOKと、我が家の晩ごはんの基準はつまみになるか否か。

野菜はつまみになるしカロリー的にも嬉しいので、生野菜と火を通したものを二品出すようにしている。
栄養的には「おかあさんやすめ」よりいいのでは?

我が家の子供の好物は全国平均とは著しく異なる気がしてちょっぴり心配だけど。

普通の唐揚げより軟骨のカリカリ揚げが好き、カレーも牛スジ入りが好き。

6歳の息子の好物はコンニャクの炒り煮と枝豆、そら豆、揚げだし豆腐。

10歳の兄は誕生日にアジのなめろうと手羽先の塩焼きをリクエストした。

美味しかったらしいがそのメニューを作文に書くのはやっぱりやめて欲しい。

 

タコ焼きはつまみ。焼いているのは旦那。隣でチーズも焼いてます。

f:id:yutoma233:20160108192149j:image

 

・おすすめつまみ料理本その3

 

 

行正り香の、ハイボールごはん。

行正り香の、ハイボールごはん。

 

 

ハイボールに合う料理、というメニュー本だがビールにも無論合う。
野菜多めなのがいい。

アボカドが硬かったときはこの本に載ってたようにフリットにすると美味しい。

焼いたホルモンを生野菜に合わせサラダ風にするメニューも好き。
本ではシャンツァイ(コリアンダー)となっているが私は手頃な春菊で代用している。


晩ごはんは自分のため

  f:id:yutoma233:20160108192231j:image

 

仕事から疲れて帰った日は、やっぱりビールが呑みたい。ほうっ、とため息をつくと心もほぐれる。

一人だったらつまみなんて豆腐一つで十分。

でも家族がいるのでみんなで食べないと。
だからつまみになる晩ご飯を作る。

間に合わないときはお惣菜も買うけれど、近くに美味しいお店が無い。
それからお惣菜の辛いところは温めなおしても熱々にならないところ。揚げ物なんかは特にイマイチ。
やっぱり熱々、フーフーが冷たいビールによく合う。

一人暮らしだったり、近くに美味しいお店がたくさんあるなら外食もいい。
晩ごはんにはやっぱり居酒屋がおススメ。小鉢を頼めば、一人でも少しづつ色んな味が楽しめる。

我が家のつまみ系晩ごはんのいいところは色んな味が楽しめる所。
凝った料理は作らないけれど、温かいもの、冷たいもの、甘辛い味、酸味の効いた味とバランスを考えるのが一番好き。

好き嫌いのほぼ無い私(甘酒だけは飲めないの)。好きなお店は色んな物がちょっとずつ食べられる所。それから生ビールのあるお店。
やっぱり居酒屋。晩ごはんのジャンルも居酒屋系。

おうち居酒屋、毎晩19時開店です。


ただし本日休肝日につき…。