読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おのにち

おのにちはいつかみたにっち

ブログが毎日書けないのです

スポンサーリンク

私の最近の悩みはブログが毎日書けないぞ、みんなどうやって時間を工面しているのだ、書くネタを思いついているのだ?ということである。

 

私はそもそも書くのが遅い。テーマにもよるけれど調べ物が必要だと3千字で2時間くらい。家で書いているから、合間にTwitterしたりネット周遊しちゃったり酷い時にはアニメを一話挟むので進むわけがない。

書いてりゃ自然と早くなるだろう、と思っていたがもう一年。

工夫や努力が必要なのかも知れない。集中という名の。

 

たいしたことない、なんて言いながら入念な下調べの必要そうなたいした記事を涼しい顔で書いている会津のおっさんになんで毎日書けるんだ、と聞いたら「適当だからさ」と言われた。
適当どころか、ゲームだのスポーツだの、無駄に情報量満載なブログである。

 

むーがーづーぐー。

 

秋田のなまはげをレンタルして送りつけたい。
悪い子はいねがー、見栄張る子はいねがー。
ちょうどあいつ毛も、あっ

他人にムカついていてもしょうがない。
相手は転んだだけで負傷するようなお年寄り、同情しようそうしよう。

 

資料が必要な記事を書くから時間がかかるのだ、脳内をダダ漏れさせようと思いつく。

 

ちょうどお昼休みにラーメン屋の油でおっさんホイホイ、サイドギャザーから脳もれしている俺の快楽天、的な素晴らしいダダ漏れ記事を読んだ。

 

tamokuteki.hatenablog.com

 

すごく面白い。
この記事はきっと脳内快楽物質の赴くままに早急に書かれたに違いない。

 

いや、実は入念な取材を繰り返し、

Twitterで好きなエロ漫画は?1.ホットミルク 2.快楽天 3.LO みたいなアンケート取ってたらやだ。
快楽天が紙袋に入るか、入念な取材が行われてたらやだ。大変遺憾です。

 

こういう面白い記事は出来れば脳内エンドルフィンに従って勢いだけで書いていてほしい。

老眼になりこの記事は2日かけて書かれたフミコフミオだったらきっつー。
笑っていいのか悪いのか、本気で心配するではないか。

 

さて現在の私のエンドルフィンは、というと一つも抽出される気配がない。

書いてるのが職場だから。お昼休みのデスクだからさ。

いつも自宅で夜書いていたので、時間と場所が違うだけでこんなに盛り上がらないことに驚いている。
こんどから真面目な記事は職場で書こう。

 

もう千字近く書いているのに書きたい事はまだ見つからない。
今日は猫の日だから俺の猫画像が火を噴くぜ…とか言えたら楽チン横チンだけどあいにく画像もチンもない。

にゃんにゃんにゃん、でニャンニャンな記事(絶対誰か書いてる)という最悪な下ネタは思いついたけど職場で書けるかっつーの。家でも書いちゃだめだっつーの。

 

私が無理やりひねくり出すと広告が消えるマジックネタしか出てこない。怖い。

そもそも趣味のブログ、楽しさが大切。
書けないなら無理して毎日書く必要ないんじゃね、と原点回帰して唐突に終わろう。
(決してアドさんの為に日和った訳ではないのですぞ!)

 

でも職場で真面目な文章しか書けない、というのは甘えかも。
皆忙しい世の中。
フミコ文学もカンドウ系官能小説も快楽天ラーメンも電車や職場やカフェ、公の場で書かれてる。ような気がする。

 

ブログ、フェイスブック、ツイッター。
誰もが一日一度は文章を書く世の中。

私の知らない名文が今日もどこかで生まれてる。
さっきからフリックしてる隣の新人君のスマホをこっそり覗いてみた。

イヤホンでカリビアン(カリブ海の癒しの光景をサンプル動画盛りだくさんで送る癒し系サイト)見てた。

きっつー。現実きっつー。

現実がこんなに面白いのに、毎日これより面白い事書くなんて無理無理無理無理ィ!と逃避して終わる。