読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おのにち

おのにちはいつかみたにっち

【はてなブロガーズインタビュー】孤高の凡人-面白いのに少し寂しい、孤高は孤独の道程なのか?

スポンサーリンク

【はてなブロガーズインタビュー】第2回。

今回は1億もの兄弟達とのトーナメントで優勝した男、孤高の凡人さん。
名前は孤高の凡人、ブログ名も孤高の凡人という分かりやすい男。

しかしそのブログはどうしてこうなった感満載。癖になるカムカムレモン。

ブログを始めて4ヶ月、記事はまだ百にも満たないのに読者370人。
これから来る、すでに来てるかも知れない男孤高の凡人。

聞くこと全てが目新しい、ワクワクするインタビューとなりました。

 

kokounobonjin.hatenablog.com

 

孤高の凡人【インタビュー】

 

ー孤高の凡人と言う名前の由来は?

完全な思いつきです。

ーブログを始めようと思ったきっかけは?

ブログで儲けるというような本や記事を見て、本当なの?と思い、確かめるべく始めました。

ー本当でしたか?

 本当でした。しかし私自身は難しいと判断しました。今後そのような夢を見て始める方は是非自身のおめめで確認してください。


ー家族や友人からはどんな人間だと言われますか?

見た目は子供、中身も子供だと言われます。

ー役に立たねぇコナン君ですね。


ー好きなブログやサイトはありますか?

何かを発信している人、そしてそれを継続している人はそのクオリティに関わらず、全ての人を尊敬しています。

ーキレイにまとめやがって。でも確かに。

 

ー好きな作家はいますか?

本を読まないので、いません。

ー意外です。おっぱいグミのまえおきを読んで文学っぽいと思ったので。

 最も母性的なグミはこれだ - 孤高の凡人


ー文章は元々書いていらっしゃったのですか?

 

 文章は書いたことがありません。ブログで初めて書きました。

 

 ーまじか…⁉

 

ー好きな音楽は?

これについては5万文字ぐらい必要になるので、端的に申し上げると、初期パンクから始まり、ロックンロールを掘り下げ、戦前のブルースまで辿り着きました。現在は雑食です。


ー趣味はなんですか?

お魚を釣りに行きます。海はその未知数な感じが怖いので、湖、川、渓流に行きます。アコースティックギターとブルースハープを演奏します。バンドは人間関係が面倒臭いので、セッションが出来るバーなどに現れます。

ーセッションが出来るバー!かっこよすぎる。

 

ー絵がやたら上手いです。絵画のご経験は?

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/z/zariganiindustry/20160618/20160618231334.jpg

 

娘のカタツムリ - 孤高の凡人

 

高校生の時にサッカーボールと一緒に『協調性』をシュートして無くしてしまいました。それから芸術系の大学を受験すべく絵画教室に通っていましたので、そのおかげです。受験にはストレートで落ちました。


ー砂場アートもやたら上手いです。砂場のご経験は?

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/z/zariganiindustry/20160622/20160622222437.jpg

 

子供の目線で - 孤高の凡人

 

砂場は3歳でデビューしてから28年間のキャリアがあるので、自信があります。同時に泥団子評論家でもあるので、『サラ粉』の精製にはうるさいです。


ーお仕事が建設業だと公表してらっしゃいます。
夏休みは棚やらイスやら謎のアートを作ったりしてガチだ…とザワザワさせたり、読者プレゼント企画があったりしないんですかどうなんですか。

建設業に従事する前は、家具職人だったので、棚、椅子、本格的に作れます。謎のアートは気に入って頂けるならプレゼントします。(女性限定)

ーホントにガチだった…!

 

ー昼ごはんはまだおろしポン酢牛丼ですよね?

いつもの - 孤高の凡人

無論でございます。体重が2キロ落ちました。見ただけで吐き気がするので、『おろしポン酢牛丼ダイエット』という本を自費出版しようと考えております。

ーすき家に訴えられるレベル。


ーアイデアはどんな時に浮かびますか?

適当に300文字ぐらい書いてから、肉付けしています。そこから加速するのですが、これが『ブロガーズハイ』でしょうか。

ーそこからの加速⁉ブロガーズハイが降りてこなくてよく悩んでます。
いつも自然とハイになれるのですか?音楽を聞いたり、なんかキメてますか?

一人の時は自然にハイになれますが、周りに誰かいると気が散って書けなくなります。集中できない時はヘッドホンでクラシック音楽をキメて書いています。

 

ー1本書くのにかかる時間は?

平均で1時間ぐらいだと思います。


ーブログを始めて4ヶ月。書く前と現在、想像と違ったことはありますか?

最初2カ月ほど建設業の道具などを紹介していましたが、そもそも建設業の人々がスマホでやっていることなんて、パスドラかモンストだけなので、検索して便利な道具を探すような向上心は皆無だと判断しました。そして自暴自棄になってできたのが今のブログです。


ーブログを始めて良かったことは?

みなさんと交流できるようになったことです。

ー逆に悪かったことは?

早く帰ってくるようになり、残業代がなくなって給料が大幅に減ったので、家族で一杯のうどんを分けあっています。

ーすき家やめろ。


ー孤高の凡人自選作品集【嫁セレクト】なんて記事がありましたが、奥様は応援して下さっているのでしょうか?

孤高の凡人 自選作品集 【嫁セレクション】 - 孤高の凡人

好きな時に好きなことをさせてくれるナイスな嫁です。応援はしていないと思いますが、あの記事の時は選んでくれました。


ー家族の話題が多いのにノンフィクションとフィクションの境目のような独特の雰囲気があります(生々しすぎないというか)。嫁は実在してますか?(おい)

おい

 

ー人気作品と、自信があったのにあまり読まれなかった作品を一本ずつ挙げて下さい。

人気があったのは、殴るのに最適なエレキギターおすすめ7選ですが、あれは飛び道具な感じがするので個人的には気にいってません。唯一真面目に書いた『自由の槍』は恥ずかしいですし、評判の良かった『竜宮城のコンパニオン』という記事はGoogleに怒られて消しました。自分の書いたものをもう一度読まないので、何かご自由に選んでください。自信は全く無いので、これだけ読んでいただいて驚いています。

ー自信が全くない…!

この先自信作が生まれたらどんなレベルになるんでしょう。
私は『自由の槍』好きです。苦々しくて、恰好いいから。

自由の槍 - 孤高の凡人

色んな意味でクソ笑ったのはこれ。

便座とワイシャツと私 - 孤高の凡人

これもクソ。クソネタ多いな。

二人のラプソディー - 孤高の凡人


ーこれからの目標や野望があったら教えてください。

何もありません。淡々と続けたいです。

ーこちらも淡々と読みたいのですが職場で読むのはきついブログです。
いつも肩が震えています。
今回はご協力ありがとうございました。(終)

 

---------------------------------------------------------------------------


おまけ:孤高の凡人さんにアイキャッチ用に筋肉写真送れ!と無理難題言ったら断られまして。お詫びとお礼に私が孤高の凡人さんっぽい!と思った本の表紙を捧げます。

 

f:id:yutoma233:20160728075051j:image

私の中の凡人さんのイメージ…それはかっこいい修行僧。主食はもちろんおろしポン酢牛丼(肉食じゃねぇか)。

 

今回のまとめ

 

昔書きましたが、テキストサイトが大好きなんです。
フミコフミオさん、真顔日記の上田啓太さん、もはや日記とかそういう次元ではない熊谷真士さん。それからヌメリのPatoさん。

「孤高の凡人」というブログを始めて読んだとき同じ匂いだ!新しい才能だ!と興奮しました。

今回一番聞いてみたかったのはこうしたブログを読んだときに浮かぶ「なんでこんなこと思いつくのさ?」というシンプルな疑問。

孤高の凡人さんの人となりやルーツを探り、発想のきっかけを聞いたら少しは面白い!の根源が分かるかと思ったのですが…。

謎は謎のままでしたね。才能なのか?

 

一つ気がついたのは、フミコさんも凡人さんも、みんなどこか屈折した寂しさのようなものが文章から感じられるということ。

面白い文章が書ける人は孤独や挫折を乗り越えて来たのかなぁ。
でも明るく陽気な性格で面白い文章を書ける人もどこかにいるはず。

これからもいろんな人に聞いて行けば少しは見えてくるのかも知れないですね。

 

さて、質問形式も書き方もまだまだ模索中のこのインタビュー。
今回はノリ突っ込み?形式でお送りしました。

取材相手がいると気持ちがピリッとするというか、脳みそに新しい回線が引かれているようです。つまり疲れますw

もうちょい自然にインタビューがこなせるようになるにはどのくらいかかるのかなぁ。

とりあえず燃え尽きないように、飽きないようにのんびり続けていきたいです。
今週2本連続だったので次は月1くらいのペースで。
めざせ!10.0人!(100と言い切る勇気が無かった…)

ではでは、【はてなブロガーズインタビュー】次回はきっとあなたの番。
通知欄が私のスターで埋め尽くされたら心して待つが良い…ふぉっふぉっふぉっ(なんだこの悪玉感)。