読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おのにち

おのにちはいつかみたにっち

イメージがチータラ

スポンサーリンク

仕事が忙しくて昼食も取れないような日があった。

課長が頑張った女性陣一同に、と奮発してコンビニでお菓子を買ってきてくれた。
きゃーっと色めき立つ私たち。
笑顔でお菓子を配る課長。

ところが、課長の配るお菓子は一個一個ものが違うのである。
しかもランダムではなく、あなたはこれ、あなたはこれ、といちいち確認しながら配っている。

ある人はバウムクーヘン、ある人はクッキー、ある人はフィナンシェ、ある人は豆大福。そして最後に私の番。
袋から出てきたのは…
チータラ。


バームクーヘン、クッキー、フィナンシェ、豆大福、チータラ。
バームクーヘン、クッキー、フィナンシェ、豆大福、チータラ。
国語の仲間はずれを探せ、と言う問題文のようである。


なぜチータラ。
オチか。私はオチ要員なのか。
私は声高に課長を問いただした。

「なんとなく、イメージで…」
イメージがチータラ。

40年近く生きてきて生まれて初めて言われました。
イメージがチータラって。

悔しいけれどなんとなく理解。
甘いものがあまり好きじゃなくて、飲み会はビールとホッピー、炙ったイカをちびちび食べてる私。

以前美人ブロガーさんからいただいたお土産もビールと高級あたりめでした。両方とも凄くおいしかったです。

おいしかったのだがッ…!
いつからイメージがビールとつまみに固定してしまったのかっ…!
私のキャラ戦略(あったのかよ)の何処に誤りが…!

ふぇええ~ん、めそめそ、おら赤べこ乗って家さ帰りてぇだよ~~!(だから何だよこのキャラは)


…まぁそんなみどりの赤べこちゃん(お前の血は何色だ)はさておき。
ブログ上のイメージがビールとスルメであるならば、職場でチータラ扱いされるのも納得と言うものです。

ブロガーにもいろんなイメージが固着した人が見受けられます。
サッポロ1番の人、源さんの人、女社長の人(それ役職)。
それぞれ職場ではどんなイメージなのか、聞いてみたいものです。

ただ『それぞれのイメージにあった贈り物』って、真心は感じられますが難易度高いですよね。年の近い子どもに別々のおもちゃをあげるのは喧嘩の元になったりしますし。

今回課長も若い女の子2人(違うのは目方だけ)に一方はフィナンシェ、一方は豆大福というちょっと危険なミスを犯しています。

豆大福もフィナンシェもどっちも可愛いけれど、若い時はそういう差の付け方に傷つくのが乙女心だと思うの…!赤べこちゃんには分かるのよ…!(意外と使い勝手のいい赤べこちゃん)

また男性社員にはあげなかったので、差別だと言う声もチラホラと。
はじまりは善意だったのに…食べ物の恨みは怖いですね、課長。

結局チータラにはガンガン問い詰められ、若い男性社員からは「お菓子…!」と飢えたハイエナのような目で見つめられていた課長。
次回からはみんなで分けられる大袋のお菓子を買ってきてくれるそうですw

というわけで今日は職場のおやつで揉めたよ、という小さなお話。
みどりのチータラがお送りしました(結構根に持つタイプ)♡

 なんだかんだ言ったけどチータラ美味しかったよチータラ!