読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おのにち

おのにちはいつかみたにっち

ファイナルファンタジー15を買ったった

生活 生活-レポ

スポンサーリンク

ファイナルファンタジー15を買ってしまいました。
つい。勢いで。衝動的に。
 

 

もともとファイナルファンタジーシリーズは大好きで、でも最近は時間が無くてゲーム離れしていた私。

CMを見て、懐かしい!やりたいけど時間がなぁ…と思っていました。
元々は買わない予定だったんです。

ところが最近ネット見てたら酷評ばっかりで。

プレイしてクソだと感じたなら、それはそれでいいと思う。
あなたが遊んでみて、実際に感じた事だから。

だけどだけどだけど。
服装がダサいとか髪形がヘンとか(そんなんFFは最初っからそうだわ!)、おにぎりだとかカップラーメンだとか。挙句の果てに「遊んだことないし、買う予定もないんだけど」⁉
ブチ殺すぞアホんだら

 

…不適切な表現がございました。大変申し訳ございません。

とにかく、そういうのを読んでいたらもう悲しくなってきて。
私のFFをイジメんなクソが!とカートにいれてポチってしまいました。
そういう意味では、『遊ばないレビュー』にも価値があったのかも知れません。

でもお前のリンクからは絶対に買わないけどな!
クッソ叩いて、まぁ買わないけどね、とかうそぶいてリンク貼んなばかばか!
そういう奴はくにおくんとかマッピー売っとけバカぁ!

 

 両方とも素晴らしいゲーム。マッピーは未だに脳内で音楽が流れる。チャララララーラ♪

マッピー

マッピー

 

 

…すいません、怒りすぎました。(運動野菜瞑想)
規約に反しない限り、何を書くのも自由です。
何を書いたって、誰かの気に触ったり、人を傷つけたりするもんです。

それに買ってないレビューも必要だと思います。
この機能が付いてる電化製品が欲しい、と思う時スペックが一覧で各社比較されてると見やすくて助かります。さすがに洗濯機全部買って使用感レビューしろ、とまでは思いませんし。

それでもね。
それでもね、と思ってしまうのは、私がFFシリーズが大好きだったから、FFがやりたくて発売日に仮病を使った思い出があるからだと思います。
結局は自分勝手で一方的な思い入れだから、やらないレビューの人たち絡んでごめんな。

 

確かにファイナルファンタジーは昔っから色々クソでしたよ。

アルティメッドとかウルティメッドとか、凶器みたいにクソ分厚い攻略本があって、2冊買わないと全部わからないようになってたり。

ファミ通の攻略とかも、クリアしてしばらく経った頃に隠しダンジョンなんて公表しやがって、売っちまったぞクソが!ってなるの。

何がファミ通の攻略だよ安心だよじゃねーよクソが!(ってこれはFFじゃなくてネットで攻略が検索できない時代全般の悩みだな…)

 

リノアはアホの子だしエアリスは育ててたのに育ててたのに。
召喚獣のオーバードライブは最初ワオって思うんだけどすぐにスキップ。
キマリ…キマリとは…。

チョコボレースはめんどいし、おでかけチョコボとは何だったのか。
雷避けはホントにもう…。

なによりやりこみ要素が多すぎるし、長すぎる。(私が遊ばなくなってしまった一番の理由はソレ)

FF12パンネロかわいいしバルフレアとフランは大人の主人公だし、すごく好きなストーリーだったんですが、やり込み要素が面倒になってしまってクリア近くで挫折しました。(11、13、14は未プレイ)

でもね、クソがーと思いながらも雷避けやったのはちゃんとクリアしたい、と思わせる魅力があったからだと思うんですよ。

10-2もザナルカンドエンド知って、クソクソ言いながらもう一周したし。
あの頃は動画でバンバン見れたけど、ちゃんと自分で辿り着きたかった。

今でも「素敵だね」とか聞いたら泣けるし。

SF学園モノが魔女と時間の物語になってしまったインパクト(学園内をやたらグルグルとお使いしてた所も含めて)とか、壱番魔晄炉の漢字のカッコよさとか、忘れられない思い出です。

FFは色々めんどくさくてクソだけど、愛すべきゲーム。
だからみんなティファのおっぱいとか、誰が一番可愛かったとか、今でも語るんじゃないのかな。

 

大人になってゲームからは少し遠ざかってしまったけれど、もしこれが売れなかったらFFが終わっちゃうのなら、今までの涙とか感動のお礼に買っても良いのかなーと思いました。ハードは家にあるし、私が遊ばなくても子どもが遊んでくれるからね。
7000円…って少し考えたけれど、貧乏学生だった頃中古ゲームで遊ばせて貰ってたお礼だと思えば。家族で遊園地に行ったら、これ以上の額が吹っ飛んじゃうし。
子供にはゲームは誕生日とクリスマスだけ、って言ってますけど…お母さんは大人だからさ!

 遊んだ人のレビューを読んでいると酷評過ぎて少し心配ではあるんですが。
でも、他人の意見はあくまでも他人のものだし。

今は何にでもレビューのある世の中で、実際便利だし助かってます。
これ○○にも使えるかな?って心配な時は大概レビューで補足されてるし。

けど、本やゲームみたいに「受け取る側次第」のものは、あんまりレビューに流されたくないな、とも思う。
知らない作家さんと、レビューの絶賛で出会う素敵な出会いも勿論あるけど、逆に大好きな作家さんなら酷評されてても絶対に買うし、読む。
その結果二度と読まない、と売り飛ばすこともあるけれど、レビューだけで「クソなんだ」とは絶対に思いたくない。

クソも、最高も私だけの感情だよ。
せっかくの心が動く瞬間を、誰かのレビューで先回りして時短だとか節約だとか、賢い顔はしたくない。

 

本当にamazonレビューだと悲しくなるくらい酷評で、もうこの記事のタイトル見ただけで「あーあ」とか言われそうなレベルだと思うの。でもね、買って後悔したあなたの「あーあ」ならともかく、遊んでもいないのに知った気になったあなたの「あーあ、情弱」は受け付けてねぇからなアホンダラ!(すまん、野菜が高いんだ…)

 

もう魔晄ドックにワクワクしたあの頃の私はいないし、子供だましだなぁ…って感じてしまうのかも知れない。
でもあの頃遊んだゲームを親子で遊べると思うとそれだけでワクワクするし、贅沢なことだと思う。ドラクエもゼルダも一緒に遊んでるんだけどな。FFは青春だから!

子どもとゲームを楽しみながら、お母さんの青春はゲームとアニメとマンガだったって伝えた…言えねぇ!愛読書はファミ通とファンロードでしたって言えないわそんなこと!


…と、とにかく。私のFFは終わってしまったのかも知れないけど、今新しいFFを子どもとプレイできて、物語の主人公がクラウドやスコールみたいに、少しでも子どもの心に残るものだったら、それはとても素敵だな、って思うんです。
…ホントにクソならそれでもいいんだよ!親子でチョコボに乗れれば!(このゲーム一人プレイや…)

 とりあえず今日はFF15を買いました、それだけの話です。

そんでな。非常に言いにくいんだが。
私のFF火曜日に届くんで…これもやってないレビューだってオチ…。