おのにち

おのにちはいつかみたにっち

一番最初のSFは何?

今週のお題が「SFといえば」だったので、今日はSFについて書きます。
SF、子どもの頃から大好きです!

ミステリも好きだけれど、「三体」「天冥の標」という大長編SF沼にハマりまして、物語の壮大さや想像する楽しさを味わえるのはやっぱりSFだろう、と。

いやでも、ミステリも館モノとか孤島モノとか、現実じゃあり得ない設定が楽しかったり、逆にありふれた日常の謎に驚かされたりするんですけど(結論:どっちも好き)

 

とりあえず今日はSFの話、ね!

最近ハマったのは冒頭に書いた「三体」「天冥の標」なんすけど、一番最初に出会ったSFは何だったかなぁ、と。

ドラえもんとかアニメも浮かぶんですけど、これがSFなんだ、ってちゃんと理解して読んだのは多分小学生の頃、親の書棚から手にしたハヤカワ文庫SFのレイ・ブラッドベリだと思います。

たぶん「10月はたそがれの国」かな?
「何かが道をやってくる」や「ウは宇宙船のウ」も好きでした。

 

 

SFというより、ファンタジーに近い作品も多かったけど。
あの情緒的な雰囲気がめちゃくちゃ好きで何度も読み返しました。

タイトルがまた、今見てもカッコいいんだよなぁ。翻訳の妙ですね。

 

そういえば高校生の頃読んだ、竹宮恵子さんの「私を月まで連れてって!」。
様々な文学作品が物語のモチーフになっていて、中でも遊園地の話とか、濃い霧のかかるシーンなんかがブラッドベリの世界を絵にしたみたいで好きでした。

ブラッドベリも漫画も、もう一度読み返してみようかなぁ。

さてさて、あなたの記憶に残る「一番最初のSF」は何でしょう?

 

今週のお題「SFといえば」

 

はてなブログ、無料版になりました

タイトル通り。おのにちからProの文字が消えました!

ご存じない方のために、一応説明しておくと、はてなブログには「Pro」という機能があってのう…。

2年で14,400円だったんじゃが、これがいつの間にやら切れてしまって無料版になっておりましたの。

んでも、独自ドメインやってる訳でもないのでこのままでいっかーと、無料版のままにしておくことにしました。

最近、転職に向けて色々勉強してたりしてなかなかブログを書く時間がなく(コロナ渦でネタがないのもある)更新が滞りがちだったし。

ちょっと寂しいけど、使わないサブスクは解約が基本よね…。

しかしながら、ブログを無料版にして色々いじらなくて済むようになった今、私が学習してるのが『CSSJavaScript』みたいな動画で。

ほんと、私のタイミングってさぁ!
始めるのが遅すぎじゃね⁉

ブログを始めたばかりの頃、ちんぷんかんぷんで他の人の記事を見ながらひたすらコピペを繰り返していた文法の意味を今更なるほどなるほどー!と理解し始めております。

最初の勢いってのはスゴイもので、何もわからないままアドセンスに申し込んだり、受かったはいいものの今度は貼り方が分からなくて半泣きになったり、記事を書くより設定に恐ろしく時間を使っていたっけ。

あの頃の涙が、最近の勉強に多少は役立っているような気がしなくもないので良かったのかな?

多分おそらくきっとほとんど忘れてるけど…

 

最近は、昔感じていたブログへの熱意みたいなものが残念ながら薄れてきつつあるんですけど、それでもやっぱり書くことは楽しいし、同じブログ仲間だ!と親近感を抱いている人達もたくさんいるので、これからも細々と続けていけたらいいなぁと。

それでは、今日はこんな感じです。また!

 

 

 

 

自宅待機・1週間の記録

タイトル通り、家族が抗原検査でコロナ陽性となり1週間の自宅待機となってしまいました…。本人のクラスで感染が拡大しており、半数が感染したというのでまぁしゃーないっすね(-_-;)

おかげさまで他の家族への感染拡大はなく、スムーズに隔離生活も終わりそうです。

今回の記録として、買ったものや必要だったものについて、書き残しておきたいと思います。次はもうないと良いんですけどね(´;ω;`)

 

購入したもの

・ピューラックス(次亜塩素酸ナトリウム。希釈してドアノブなどの消毒用に)
・ファブリーズ(除菌できるタイプ、布用)
・スプレーボトル(ピューラックスを薄めて入れる)
・カットして使う台ふきん/ニトリ(掃除・消毒に大活躍)
・ペーパータオル(洗面所・台所に。タオルは撤去)
・除菌ティッシュ・手の消毒液など

 

f:id:yutoma233:20220721134149j:image

まずは消毒液や除菌グッズをたくさん購入して、マスク&ゴム手袋で家じゅうの大掃除をしました。窓を開けて換気を良くして、トイレや洗面所、その他よく手が触れるところを重点的に。

床も磨いてピッカピカに。
一度キレイにしておくと、そのあとの消毒が軽く拭くだけで済んでよかったです。

トイレは一階と二階に二つあるので、どちらも一旦消毒して、陽性者は二階を、他の家族は一階を使うようにしました。

お風呂は一番最後に入ってもらい、上がった後に消毒スプレー&換気をお願いして、すこし時間をおいてから掃除していました。

 

家の中でもマスク

保健所から言われて、気をつけていたのがこれ。
正直掃除のときなど息苦しいんですが、今舞い上がってるのかもしれない!と思って、我慢してつけてました。

寝るときは息苦しくて嫌なんですが寝室が夫と同室なので。
大人二人が一度に罹患して発熱したら一家終了のお知らせなので、寝るときも努力です…(´;ω;`)

 

食事は別室・またはずらして

今回、幸いにも陽性者が一人で済んだのは、彼が高校生で部活があり、朝早く夜遅い生活をしていたからだと思われます。

朝も夕も、他の家族と食事時間が合わなくてほぼ一人で食べていたので。
もちろん、『作る&洗う』は私なんですけど。

本人の発熱の数日前から周りでコロナで休む生徒が増えており、警戒のためにその頃から家の中でもマスク生活を始めていたのも功を奏したのかもしれません。

発熱後はおぼんで食事を運び、食べ終わったら下げてもらうという引きこもりスタンスで乗り切りました。

ずっと自室、辛そうですが三日間は熱が高く(39度~38度くらい。解熱剤貰って飲んでました)ほぼ寝たきりで、その後も怠さが抜けずひたすら眠かったので出られないのは苦にならなかったそうです。

熱がかなり高いので最初は心配でしたが、食欲は落ちず39度のときも普通にそうめん一人前とフルーツゼリーとか完食してたのですぐに安心しました。すげえな若者。

熱が下がってからも、ごはんお代わりの要請などがちょこちょこあり、最終的におぼん一つでは足りなくなって、旅館のお膳かよ!?みたいな羽目になったのでコロナとは?と少し虚無的な気持ちに陥りました。いや…私が39度出したら死ねるからね…?

 

他の家族が食べるときは、下の息子はダイニングテーブル、夫はリビング、私は台所でと、家庭内一家離散状態で食べていました。

大皿だと食べ過ぎる、みたいな話がよくありますけどうちは多分逆で、今まで大皿だったから大人も食事にありつけていたのだな、と小分けにして気が付きました。

大人のたしなみとして子どもたちに食べたい分だけ取り分けていたらまるで足りず、もっと作ろうにも買い物に行けず、スーパーの宅配頼みで配達料などを考えたらそうガンガン買うわけにも、と詰んでしまい。

 

最終的に大人は大量にある米と味噌と、庭で取れるキュウリとナスで生き延びました。
いつも野菜は貰う派なんですけど、今年はたまたま、貰った苗を植えていたので助かった。ナスの味噌炒めとかうまいよね、でも私この待機が明けたら肉とか刺身とか貪り食ってやるんだ…

 

食料品とか

地元スーパーが(宅配料はそこそこかかるけど)、店内で売ってるものはだいだい全部配達してくれるので助かりました。でも牛乳・たまご・納豆やレタス、トマトなんかの生鮮食品はどうしても足らなくなりますね。

肉は冷凍庫に備蓄がそこそこあったので、食べ盛りの男子中高生二人分は何とかなりました。

一番困ったのが氷。さすがにアイスクリームや氷などは、配達対象外で。

序盤、陽性者の発熱がひどく氷枕が必須だったんですが、冷凍庫の自動製氷だけでは急速モードにしても間にあわなくて。冷凍庫に入っていたやわらかアイス枕と氷枕を交代制で使うことで乗り切りましたが、こういう時のために製氷皿があると助かったかも。

甘いものは、ホットケーキミックス大袋とマーガリン、無糖ヨーグルトにレモン、ビターチョコレートを配達して貰ったのでレモンパウンドとヨーグルトケーキ、チョコケーキが焼けました。

どれも瞬殺だったんですけど、ね…。

 

 

暇つぶしはAmazonで

自宅待機の連絡が来た後、真っ先にAmazonで購入したのが好きなゲームの続編でした。遊びたいのに時間がなかったからこの機に!と思ってさぁ。

 

【PS4】Horizon Forbidden West

【PS4】Horizon Forbidden West

  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント
Amazon

 

しかし実際待機に入ってみると、三食+掃除+洗濯だけでも充分忙しく、体が鈍らないように早朝のウォーキング(田舎は朝なら誰ともすれ違わないので)や資格試験の勉強とか、家じゅうのカーテン洗い始めちゃったり、チェーンソーマンも初回無料だから一気読みしなくちゃいけなくなって、あとはAmazonプライムのシャドーハウスにハマって一気見しちゃって全然、遊べていません。

無料、もしくは定額の娯楽でえんえん時間潰せちゃうから危険よね。

 

まとめ

 

今回、私自身は発熱しなかったのですが、運動した時に胸が痛くなったり、怠かったり喉が痛かったりするたびにドキドキしまくってました。消毒も、食事もどこまで気をつけて良いのか不安だし、やっぱ大変ですよ感染対策(´;ω;`)

陽性者本人も、食欲はあるとはいえ数日は寝たきりでしたし、怠かったようで勉強する気力が湧いたのは発熱から7日目でした。

運動などはまだしていないので分かりませんが、陸上部なので確実に影響はあるだろうし心筋炎も怖い。

罹らないのが一番なのですが、今回は明らかに学校での感染なのでなかなか難しいなぁ、と。社会活動を止める訳にも行かないし。

一応ワクチンは家族全員3回済んでいました。

 

…なおワクチン等に関しては右でも左でもなく、意見も求めておりませんのでリアクションは一切不要です。

解毒とか間に合ってますし、接種を他者に強制するつもりもありません。放っておいてくださいねガチで♡

そんな訳で、今回は我が家の自宅待機一週間!というお話でした。

 

他人より勉強

先日、 学生向けの進路講演会に行ってきた。
基本、まだやりたい事の見つからない中高生向けの内容なのだが、 一つ大人の私にも刺さ
る言葉があった。
『他人を気にしている暇があったら勉強しろ』

 

それな!ホントそれな――!
ちょうど先月ごろから、 異動してきたばかりの同僚とぶつかってしまうことが多々あり、少し悩んでいたところだったのだ。

同僚は若手男性なのですが、 プライドが高いところがあり、本人にミスを伝えても 「記憶にございません」 キリッ!みたいな感じで終わってしまいモヤモヤしていた。
あなたの端末なのですが――!あなたのお名前なのですが――!?

仕方ないので気が付いた私が修正し、上司には報告という形で処理をする案件が何度かありまして。


ただ。
それやってると、 とてつもなくストレス溜まるんですよ。モヤモヤしてきちゃうんですよ。

なんで私が?とか、私ばっかり、みたいな気持ちになってきてしまって。
なので、上司に相談のうえ対処方法を変えました。

ミスに気が付いた際は付箋をつけておく、後日上司が確認してミスが修正されていない場合は上司から本人に指導してもらう、 以上!

そうやって自分がカバーしなくて済むようになったら、とても晴れ晴れした気持ちに。

仕事に慣れてきて、空いた時間が出来るようになったのもいけないのかもな、と思い、今は手が空いたら職務関係の勉強に励むようにしています。

そうやって、自分のことに集中するようになったらイライラもモヤモヤも、嘘のようにすっきり。

プライドの高い同僚にも、優しく接することが出来るようになってWINWINです。

そんな訳で『他人を気にしている暇があったら勉強しろ』、とてつもなくオススメです!

ただ、なんか今は勉強に励みすぎてブログもTwitterもログインが減ってるんですが・・・
いくらなんでも凝りすぎじゃねワタシ・・・?
割と一極化しがちな性格なので、 ワークライフバランスには気をつけたいものです^^;
それではまた!

 

シン・ウルトラマンと日曜日の映画館


先日、「シン・ウルトラマン」を見に行ってきた。映画はなかなか、面白かったと思う。

ウルトラマンというネームバリューのせいか小さなお子さんたちが多く、ずっと場内がザワザワしているものだから、あまり作品に集中できなかったかも?

でも彼らの動きはとても正直で、見ていて面白かった。
まず、ウルトラマンや怪獣が出てくると息を飲むように静かになり、ピクリとも動かない。
居酒屋や会議室といった密談のシーンになると即立ち上がり、 トイレに行ってしまう。
そりゃ分からないよなぁ、 と笑ってしまった。

隣の席の子どもは終盤の数学シーンで飽きて帰りたい!となってしまい、 お父さんが必至で引き留めていたが結局ラストシーン前に退場してしまった。
もしかしたらお父さんの方が、 映画を楽しみにしていたのかも知れない。

 

自分の子どもが小さかったころ、やはり何度も途中退場の憂き目にあったことを思い出し、懐かしい気持ちになってしまった。

上の子が小さかった頃は、お母さんといっしょのコンサートチケットがせっかく当たったのに、なぜかロビーの赤い絨毯が引かれた広い階段にハマってしまい、座席に座ることなくずっと階段を上り下りしてコンサートが終わってしまったこともあったっけ。

当時はそこそこイラついて、夫に愚痴った覚えもあるが (せっかく行ったのに、的な) 今となっては良い思い出だ。

赤い絨毯の柔らかさと、 会場で買ったパステルイエローのスプーのぬいぐるみの、フニャフニャした手触りと。
そんな触感が、 見下ろした子どものつむじの記憶と共に残っている。

 

そういえば昨日の映画はドラゴンボールが見たい中学生の次男と一緒に行って、 スクリーン前で別れたのだった。

じゃあ、また後でロビーで、 と手を振って別れて。

こんな記憶も、 いつかは懐かしい思い出になるのだろうか?
ちょっとずつ手を振って、お別れしてきた物事たちが脳裏をよぎって、 センチメンタルな気分
になりましたとさ。

 

 



人の顔が覚えられない

年齢のせいなのか、 交友関係が複雑化してきたせいなのか、人の顔が覚えられなくて困ることが増えた。

職場とか親類とかご近所とか、 自分との直接の繋がりがある人はまだ、分かる。

ダメダメなのが中学校でたまたま会った、 高校生の子どもの同級生のお母さんとか、逆に高校で会った中学生の息子の副担任の先生、とかさぁ!関係性二つ跨ぐの辞めていただけないかガチで!

子どもたちが二人とも小学生のうちはまだ大丈夫だったのだが、中学高校と進学するにつれて
知り合いが爆発的に増えてしかも色んな所で会うので毎回分かるかーー! と泣いている。
お願いだから、 『あーこんにちわー!』と親しげに声を掛けてくる人たちはみな、名前と関係性を示してほしい。
いや、その声に『あーいつもお世話になってますー!』と返してしまう私が全部悪いんだけど。
でも、聞けなくなくなくない!?

明らかにこちらを知っていそうな人に対して、名前を聞く勇気が出ない。
おかげで毎回探偵さながら、 当たり障りのない雑談のなかで関係性や素性を探っている。

あるいはその場にいた顔の広い人に後からこそっと聞く。
仕事やPTAなどで交友関係が広いのにパッと顔と名前が一致する人、本当にスゴイと思う。

学校の先生などにもそういうタイプが多い。
以前、子どもが二人とも小学校でお世話になった校長先生とたまたま病院で会ったときには感服した。
今はもう定年で隠居されているのに、高校生、中学生になった子どもたちの現在の学年まで覚えていて、声を掛けてくださるのである!
教育者ってスゴイんだな、と改めて感動。

それにひきかえ、 息子の友人の親 (40人くらい) や部活関係者の親 (100人くらい)の顔と名前が覚えられない私って...

いやいや!! 普通やろ!
あらためて人数を確認してみて引いた。ドン引いた。
うろ覚え上等、これからも曖昧な世界を生きていく所存である…(諦めた



「愚かな薔薇」と夏の匂い

恩田陸さんの長編、「愚かな薔薇」を読んでいる。
15年もかけて書かれた、集大成のような作品である。

冒頭から地方で行われる少年少女たちのイニシエーションじみたキャンプ、夏に咲く薔薇の匂い、隧道の先に眠る謎の遺跡と恩田色が満載でワクワクしてくる。

物語の展開も集大成らしく過去の作品群が浮かぶ作りになっている。
「蛇行する川のほとり」とか「7月に流れる川」とか。

多分過去に何度も描かれている世界と同じモチーフなのだと思います。

夏の学校に招かれる子ども達、川で区切られた坂の多い小さな町、祭囃子の音に夏の匂い。本当に草いきれが香るような夏の描写が(そして暑さの向こうに感じる背筋の寒さも)相変わらず上手でうっとり。

過去作品のこれらのモチーフにハマった方には間違いなくオススメできる作品です。

そして最近の恩田陸作品にありがちだった、ラストの肩すかし感もなく、大風呂敷が(静かにですが)畳まれています!これ一番大事!

「ネクロポリス」とか上巻あんなに面白かったのにひでーな、って今でも思い出しますもん。浦沢直樹さんよりはマシなんでしょうけど…いや同ジャンル?


さて、物語の概要を少し説明します。
ジャンルはSF。

主人公を含む、選ばれた10代の少年少女たちは一つの町に集められ、とある『キャンプ』に参加しなくてはいけない。
キャンプを行う地にはかつて宇宙から来たとされる舟の遺蹟が残されている。
その遺蹟の近くにいることで素質のある子どもだけが変容を遂げて、宇宙を行く舟の乗組員になれる。

そしてそんなキャンプで起きる数々の事件について、語られていく物語である。

 

少年少女たちが肉体を変容させてまで、遠い宇宙に旅立つのは1万年先の地球滅亡後にも命を繋ぐためだと言われている。
しかし正直読者の側にも、 そして物語の主役である子どもたちにとっても、 それほど先の未来の滅亡に備える、という危機感がピンとこない。
宇宙を目指す舟に乗る舟乗りたちは、 遠い未来のために地上を離れて、地球外に人類が住める惑星を探す、 あてのない旅に出なくてはならない。
家族や友人と別れ、遠い場所に行く舟乗りという厳しい職業は、 それなのに花形として扱われている。
皆が憧れていて、キャンプに参加する権利を得ただけで騒がれる。
自分の家族が選ばれれば、残される親や兄弟には国から多額の支援金や年金が約束され、その後の生活に困ることはないという。

物語の中の栄光と、 主人公の肉体の変容や地上を離れることへの不安が、 ちょうど思春期
の揺らぎと重なってぐらぐらと、こちらまで心もとないような気分になってくる。

 

こうした、寄る辺ない者の寂しさの描写がさすがに上手いな、 という感じですね。

はたして主人公の少女は完全に変容を遂げて舟乗りになってしまうのか?

そして同じく舟乗りだった彼女の母が遂げた死の謎を絡めて物語は進んでいくのである…。

結末はぜひ、ご自分の目で。

夏の匂いがして、非常に心許ない気持ちになれる良質のジュブナイルでした。

 

 

愚かな薔薇

愚かな薔薇

Amazon