読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おのにち

おのにちはいつかみたにっち

夏休みの冒険者たち~ガンバと15ひきの仲間

スポンサーリンク

こんにちはみどりの小野です。

今日は夏休みのオススメ本シリーズ、第2回をお届けします。

前回は「うしおととら」を紹介させて頂きました。

  記事はこちら。 

yutoma233.hatenablog.com

 

今回は小学生くらいの子供におすすめの熱い児童文学を紹介。

「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」 斉藤敦夫。

 

 

冒険者たち―ガンバと15ひきの仲間 (岩波少年文庫 (044))

 

ガンバ、といったら『ガンバ、ガンバ、ガンバと仲間たち♪』のアニメ版を思い浮かべる方も多いんではないでしょうか?アニメDVDBOXのパッケージがこちら。

ノロイ怖っ!

ガンバの冒険 DVDBOX

 

「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」は小さなネズミたちが助けを求めてきた仲間のために海を渡り獰猛な白イタチと戦う物語。

小さな生き物が主人公なのに、むしろそうした者たちからみた世界だからなのか、壮大な世界の冒険譚です。

それから子供に伝えたい友情や信頼、夢と希望がムギュッ!と詰まっているのです。

私は小学生の頃アニメの再放送で初めてガンバと出会いました。

初放映が1975年ですからちょうど40年前の作品。結構古いので若者は知らないかも。でもアニメを一度でも見たことがあるならノロイの怖さと明るいOP、陰鬱なEDの印象は残っているのではと思います。

とにかく一話で私は引き込まれ、アニメの続きが待ちきれず原作に手を出し「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」を読みました。

 

アニメと原作の違い

  

まず仲間の数が違います!アニメだと仲間は7匹、原作は15匹。15匹もいるとさすがにキャラクターが多すぎて子供が覚えるのが大変ですものね。

アニメではキャラクターを少なくしてノロイの怖さや環境破壊の恐ろしさが描かれ、怖さやドキドキに力を入れて次回が見たくなるように上手く引っ張ってあります。

原作では個々のネズミたちの心理描写が丁寧に描かれ個性やつながりを前面に置いた群集劇となっています。

子供にはアニメ版の方が入って行きやすいかも。ただ小説だと個々のキャラクターがより親しみやすいのとノロイがそこまで化け物じゃない、ので怖がりのお子様は小説版から入るのもいいかと思います。

 

実は続篇があった、3部作のガンバ


ガンバとカワウソの冒険

私も小学生の頃図書館でみつけて驚いたんですが。ガンバの冒険、実は3部作なんですね~。

「グリックの冒険」、「冒険者たち」、「ガンバとカワウソの冒険」の3冊。

舞台や登場人物は違いますが、どの作品でもガンバと仲間たちは活躍しています。

冒険者たちを読んで、ガンバの冒険がもっと知りたい!というお子さんにはこちらの本もおすすめ。

個人的にはやはり「冒険者たち」を一番最初に読んでほしい。一番盛り上がる話ですから。

それから森をめざし旅立ったペットのリス『グリック』がガンバと出会う「グリックの冒険」。

こちらは主人公グリックと足に怪我を負いながらも森へ帰りたいと願う動物園のシマリスの女の子のんのんの物語。

ガンバは前半グリックに道を示す役柄でメインは飼いリスのグリック。グリックとのんのんの、自立と愛情の物語です。

 

最後におすすめなのが3部作のラスト「ガンバとカワウソの冒険」。

行方不明の仲間を探してまた船に乗るガンバと仲間たち。

探し当てた仲間と一緒にいたのは死に絶えたはずの2匹のカワウソ。

ガンバたちはカワウソを助けるためにカワウソの仲間が残っているかもしれない伝説の河「豊かな流れ」をめざして旅立つ…といったお話。

これは泣けます!でもラストに希望が残る、素晴らしいお話。

実は再度アニメ化されます!『GAMBA ガンバと仲間たち』が楽しみ。 

  

今年の10月に、3DCGアニメーション映画として『GAMBA ガンバと仲間たち』のタイトルで新しいガンバと出会えるんです!

原作「冒険者たち」は、ページ数が多く少し古い本ということもあってある程度本を読みなれたお子さん向け。(ナルニア物語、ハリーポッターが読めるくらいの読書力があれば平気です。)

低学年のお子さんには映画でまず親しんでもらう、というのもいいかと思います。

ネットでは不評だったイメージ画像はこちら。

f:id:yutoma233:20150614191646j:plain

 

ガンバが八頭身!昔のアニメのイメージからはちょっと違和感ありますね。

私もイカサマ(はじっこでサイコロ持ってる黒いの)に胸毛フッサーにはすこし驚愕しましたが、原作にはかなり近い感じです。

アニメには登場しなかったキャラクターも出てくるので、原作通りの深い物語を期待しています。

でも昔のアニメも大好きなので、子供たちのためにノロイは怖くワクワクドキドキで、大人のための深い人間(ネズミ)ドラマも入れてほしい。わがまま言いすぎかな。とにかく期待してます。

アニメだとまだ絵本しか読めない5歳の次男も観られるのでみんなで楽しめて嬉しい。

子供の時に出会いたかった物語

  

今回このブログを書くためにアマゾンの感想を見たりアニメをググったりしました。そうしてよく書かれていた言葉が、「子供の頃に出会いたかった」。

わかるわかるよ君の気持ち。

前回頂いたうしとらのブクマコメントにも書かれてました。 

sukekyo こないだマンガワンで無料だったので20巻くらいまで。まんが喫茶で7巻ほどで、あと少しで終わります。すごくおもしろいです。精通前に読みたかった作品です

  

id:sukekyoさんに承諾を頂いて貼らせて頂きました。ありがとうございました!

なんか、深いなーと思ったので。いきなり精通とかいう単語が出てきてびっくりしましたが、男性ならではの感覚ですね。

私も時々、ああこの本は昔の自分に読ませたかった…と思う本に出会うことがあります。

でも、そう思う度にあの頃の自分がまだ心の中にいるから、この本が面白いのだ、響くのだと気が付きます。

子供向けの本やマンガを読んで心が震える時があるのは、少年少女の頃の気持ちを取り戻せるから。そして本当にいいものに、響くものに大人も子供もないのだと思っています。マンガやアニメを卒業?くだらないぜそんなもん!

そして、そんな素敵な本をこうやって布教しまくって、過去の童心を持つ大人や、今の子供の柔らかい心に届いてくれたらいいな、と思ってます。

 

というわけで精通前の君にも、精通後のあなたにも!おすすめの作品でした!

精通言いたかっただけやないかい!スパーン!

そもそも精通ない系のみどりの小野でした~。