おのにち

おのにちはいつかみたにっち

読書-エッセイ

『毎朝服に悩まない』で悩み知らず?オススメファッション本

こんにちは、みどりの小野です。 ファッション誌って、読んでますか?私は最近買ってません…。一応スマホにはインスタとWEARのアプリが入ってますが、入れて安心してるだけで、見やしねぇ。最近トレンドに触れたのは、職場で読んだ「日経トレンディ」と「お…

最果タヒ「きみの言い訳は最高の芸術」-タヒさんと同じ銀河で

最果タヒさんの「君の言い訳は最高の芸術」を読んだ。とても素敵な本だった。 短いエッセイ集なのだけれど、何度も何度も読み返したくなるような、ふとした瞬間に思い起こされるような、そんな一冊。 タヒさんの名前を知ったのは、同じはてなブロガーの若布…

「探検家、36歳の憂鬱」ー角幡唯介が語るノンフィクションの分岐点

今日はノンフィクション作家、探検家 角幡唯介氏の初のエッセイ「探検家、36歳の憂鬱」の感想。 「空白の5マイル」「アグルーカの行方」などの傑作ノンフィクションの舞台裏、そして探検とは何なのか、ノンフィクションとは何なのか。色々考えさせられる…

渋谷直角、奥田民生になりたいボーイボサノヴァカバーを歌う女の話

ライターで漫画家の渋谷直角さんという人が好きだ。 同世代のせいか、ネタがツボ過ぎて面白い。彼の書いた本を一気に三冊読んでしまった。 「直角主義」、「カフェでよくかかっているJ-popのボサノヴァカバーを歌う女の一生」、「奥田民生になりたいボーイ出…

疲れた日、ごはんのエッセイ。

月初めですね。だんだん今年も終わり、毎日忙しいです。 月末,月初めと書いて『こころをなくす』と読みます。私の中ではな!もういい加減三十一日の次が一日なの止めて欲しいです。間に土日を挟めってばよう!私の中ではな!(この言葉便利です) とにかく疲…