おのにち

おのにちはいつかみたにっち

社会

外見と内面の齟齬

今頃AmazonプライムでFate/Zeroを見ている。実はこれが初Fate。ほとんどの皆さんがご存知の物語だろうが、なかなか面白い。 かつての英雄の霊が現代の魔術師たちの召喚によって具現化し、自らを呼び出したマスターと共にすべての願いをかなえると言われる聖…

イキイキママかく語りき

ウェーイ。みんな羨むイキイキママだよ。みんなの頭を踏みつけて、私だけは今日もイキイキハッピー☆ なんて思って生きてると思うのか愚民どもが。人体なんか踏まねえよバカ。ぐにゃっとするだろ、ぐにゃっとして生暖かくて気持ち悪いだろ人体なんか踏んだら…

寝ない子デブる?-『脂肪の科学』とホルモンバランス

『脂肪の科学ー痩せりゃいい、ってもんじゃない!』という本を読んだ。 著者は最近ライザップでダイエットした森永卓郎さん、医学博士の柴田 玲さん。 メタボ代表・森永卓郎と、脂肪細胞研究の第一人者柴田玲が対談形式で脂肪細胞が出しているホルモン、アデ…

私の方が大変アピールと、自己憐憫の違いは何?

心沈む連休明け、明らかに私より不幸そうな女子が職場のロッカールームに居たんですわ。 休暇後なのに金曜日より疲れ切った顔、目の下に浮かぶクマ。 そういえば産休明けたばっかりだっけ…と彼女に同情する。 休むより仕事をしていたほうが精神的に楽、とい…

ほのぼの均等割

同じ会社の別の課に、ロッカーや廊下ですれ違えると嬉しい女性が何人かいる。 その人たちはいつもほんわか笑っていて、冷蔵庫の忘れていたチーズがかびていたんだけど、ブルーチーズだってはじまりは洞窟に忘れられたチーズだよね?もしかしたら私新しいチー…

選択肢が多すぎる

昔、トラピスト修道院に憧れたことがある。 トラピストクッキーは尼僧が焼いていると思い込んでいて、子どもが自立して旦那と死に別れて、それでも足腰が元気だったら修道院に行って私利私欲を無くし規則正しい生活を送りたい、と夢見ていた。 実際にはトラ…

養老孟司「他人の壁」と私の壁

養老孟司さんの「他人の壁」を読みました。 結論は一番最初に書いてあって、自分と他人は違うのだから理解できなくて当たり前。ぶつかり合わないように回避すればいい、という話だった。 そして自然とそういう風に思えるようになるにはどうすればいいのか、…

ウエストメジャーの悪魔

Xデーまであと一か月。 もうすぐ、あの日がやって来る。 来たるべき戦いに備えて私は今日から禁酒することにした。 つまみはもちろん、おやつも禁止。 職場のトイレは今日から三階のものを使用。 私は一階在住なので、一日数回の階段上り、という負荷がかか…

他者を『人間扱い』できない病

チルドさんの昨日の記事を読んで、面白いと思った。 一言で要約してしまうと「性欲が減退したら『女の子』を人間として見られるようになった」という話だと思う。 つまり今まで男性と、ごく一部の『女の子』しか見えていなかったチルドさんの世界は、性欲の…

法と情とビンタ

ジャズトランペッター、日野皓正さんの騒動が最近話題である。かんそうさんの記事を見ていたら『ドラム日野ビンタ』とめちゃくちゃ的確にまとめられていてタイトルだけで噴いた。 www.kansou-blog.jp で、ドラム日野ビンタ事件、私は太田派である。暴力ダメ…

ハラスメント・ハラスメント

ベビハラの話が話題です。 www.goodbyebluethursday.com 記事を読んで、前段は赤ちゃんの健康に一番気を配ってお出かけしているのは親じゃないのかな?と思いましたが(だからマザーズバッグはあんなに重い。自分の楽しみを最優先するなら家で涼んでるのが一…

子育てシェアハウスから学ぶ、新しい家族の暮らし方

phaさんのビルを建てよう、という記事を読んだ。 pha.hateblo.jp 巨大なシェアハウスビル。実際に出来上がったら入居費はそこそこ高額になりそうだけど、かなり面白い暮らし方だと思った。 シェアハウス、という言葉が定着しつつある今、若い世代向け、もし…

生涯モラトリアム?大人になるとはどういうことか

週末に思春期の子供に関する講演会に行ってきた。その中で「大人になる」とはどういうことか?と言う話が出てきた。 キーワードは「3つの自立」である。自己選択、自己決定、自己責任。 その三つを果たして初めて自立した大人と言えるのではないか、と講師は…

方言とマイノリティー

方言をいじる事はイジメでは無いのか、とelveさんが記事で問いかけていた。いろいろ考えさせられたので、今日は方言とマイノリティーについて、私なりに考えたことを書いてみたいと思う。 elve.hateblo.jp 絶滅する方言 elveさんは自分が嫌な思いをした経験…

子どもと大人に生活習慣を身につけさせる方法

昔、とある会社の新人指導みたいな仕事をしていたことがある。教えるのは仕事でもビジネスマナーでもなく、基本の生活習慣。書類の整理整頓、洗顔歯磨き身だしなみ。 そんなの教える必要があるのか!?と思われるかもしれないが、例えば寝癖がついている会社員…

他人の仕事に手を出すな、というブラックボックス

月末なのです。 今日は各支店の一か月分のデータを本店のシステムに送る…というそこそこ大事な仕事がある。それをやらなければ帰れない。まぁ実際は端末の『送信』ボタンを押せば終わり、というサルでも出来る軽作業である。 ところが今日はエラーコードが出…

すべてオヤジになる日まで

昨日のめざましテレビでオヤジ女子増加中!みたいなニュースをやっていた。何週目だよ、この話題。昭和の時代、中尊寺ゆつこさんが描いていたオヤジギャルマンガを思い出す。 めざましTVでやっていたオヤジ女子の3か条はおしぼりで顔を拭く、どっこいしょ…

40代からの、だいたい美人作成計画。

昔の職場に、憧れの先輩がいる。47歳、私より5つ年上。 若作りじゃないのに、なぜか若く見える。清楚で綺麗で、可愛らしい。皆が口を揃えて「我が社の美人」と呼ぶような人。 黒髪ボブに、きれいな瞳。女優の深津絵里さんに似ていると思う。しっかりしている…

社会の「息苦しさ」を変えていくのは誰?

最近立て続けに辛い話を見かけた。 一つは消防団の方達が大会帰りにうどん店に立ち寄ったらメールで咎められた、という話。もう一つは教職課程雑誌に載せられた座談会の話が酷すぎる、という訴え。 www.buzzfeed.com 悪いけど、Aさんは保護者辞めて欲しい。…

都会の結婚、田舎の結婚

最近『貧乏と恋愛』というphaさんの記事が話題になっていた。 貧乏と恋愛 - phaの日記 内容には完全に同意だが、私にはどうしても実感の湧かない部分もある。 コメント欄にあった「お金のある男性としか付き合わない女性」はどこに生息しているのか?という…

怒りの虎を飼い馴らす日

異動転勤の季節です。行く人来る人、人事異動の名簿を眺めていたら遠い昔、遠い街に去っていった人を思い出しました。 あの人は元気にしているでしょうか?今日は遠い日の思い出話をひとつ。 若い頃花屋に勤めていました。金曜日の閉店間際、仕事帰りのスー…

頭の中をのぞきたい願望

人の部屋を見るのが好きだ。 シンプルな部屋もいいけど、たくさんモノがあるのに整然として見える部屋とか、違うテイストのものがうまく収まり合っている部屋が好き。カラフルで肌色めいていて、椅子とモニターだけはどーんと豪華なオタク部屋も楽しいし、熊…

お客様貴様、三語以上話せ

さて、今日は前回の続き。 前回は、余計なことを客に告げてしまう、接客側の話だった。今回は必要なことすらしゃべってくれない、無言…ンー!なお客様の話をしたいと思う。 yutoma233.hatenablog.com マイマイガ・ジジイ来襲 先日、窓口でどかっと椅子に腰か…

窓口の専門用語はお控えなすって

年度末である。 最近職場の窓口が、ギッタンギッタンに混み合っている。こういう時期は職員もお客様も、どうしてもイライラしてしまい、トラブルが増える。そしてそういう空気の時に限って、めんどくさい客もやってくるものなのである。 今日窓口に立った、…

こわーい地域おこし?オバケンが今面白い!

事業構想4月号の記事で、面白い取り組みを見つけた。方南町お化け屋敷オバケン 。 新宿から電車で10分ほど、杉並区の住宅街にあるお化け屋敷である。 www.projectdesign.jp それは普通のお化け屋敷ではない。住宅街に、もともと建っていた物件を改装。ストー…

年齢や体重が気になる!-数字で判断したい私たち

同僚が、30歳になったら急に合コンのお呼びが掛からなくなった、もう年だと言われているようでショック…と嘆いていた。 晩婚化の時代、30歳はさすがに早くないか!?と思ったのだが、地方は未だに結婚が早い。そういうこともあるのかもしれない。 私にとっての…

人は思い込みで死に至る?-ノセボ効果・プラセボ効果

プラセボ効果、という言葉を聞いたことがあるだろうか。本当は薬効のない薬を与えたのに、信じ込むことによって症状が改善される効果である。ノセボ、と言う聞き慣れない言葉はプラセボの逆。例えば「この薬は副作用として吐き気を起こす」と言われると偽薬…

7年目の断絶

この間テレビで、修行僧の話を聞いた。かなりうろ覚えで、どこの神社仏閣だったか、どのような名前の修行だったかもわからないのだが、どうやらその修行が始まると最低でも7年間関係者以外と会うことができず情報も絶たなくてははいけないらしい。 毎日同じ…

繁殖と本能の話-私の不妊治療体験

今日こんな記事を読んで、面白そう!この書店に行ってみたい!と思った。 toyokeizai.net でも今日はこの書店の話じゃなくて、インタビューの中に出てきた「現代人と動物的な本能」というお話。 現代を生きる私達は本当に動物的、肉体的なものと切り離されて…

変わる高齢者と若年層の医療貧困問題

高齢者の定義が65歳以上から75歳以上に変わるらしい。 今すぐに何が変わる、ということでは無いのだが、今後前期高齢という区分が見直されたり、定年や年金という考え方が変わってくるのだろうと思う。 現在の若者が高齢者を支えるという賦課方式は少子高齢…